Back Topへ
phot

白浜海岸

phot
白浜海岸地図

安井から浦城へ向かう途中、山を降りきったところで右上に急角度で上る道がある。 山を一つ越えたところが白浜海岸である。海岸側の道は舗装はされているが、かなり狭く。あらかじめ車の交差する場所を探しながら、降りていくことになる。そのせいか、海岸には余り人影も無く、隠れた穴場である。昔は村落もあったらしいが、今は広々とした駐車場のみがその片鱗を伝えている。
*下記看板の内容を遵守しよう。ここには誰もいないのだ。ごみを捨てたら、永遠に残る。今回訪れたとき、ごみがかなり増えている。少しづつでももって帰ろう。だいたいが自分のごみすら持って帰れない人間はここには来るなというのは、暴言だろうか。

自然保護の命令
自然保護の看板
昔の村落跡
広い駐車場
phot
砂浜正面
左側の風景
左側
右側の風景
右側
打ち寄せる波
打ち寄せる波
左岸の岩場
左岸の岩場
砕け散る波
砕け散る波
この岩の名前はえ〜と
岩盤
砂浜を右岸より
砂浜を右岸より
上り口、ここを左手に上がる
上り口
案内標識
案内標識
看板の内容は;
この白浜は、近隣まれに見る自然が残された海岸です。戦中・戦後、数戸の苫屋(とまや)で塩を焚き、炭を焼く・・・。今は僅かに畑や窒跡が残るだけですが、この浜から見る海の景色は、太古の昔そのままです。最近道路が整備され、遊びに見える方が多くなりましたが、この場所を知る人は、自然大好きの人ばかりと思います。30年先、50年先、貴方がこの浜辺に立ったとき、その感動を思いつつ、この自然を未来の子供たちに残していこうではありませんか。
*道路狭し。離合場所留意
*自分のごみは必ず持ち帰る
*火の用心はタバコを含め、完璧を期すること
。 *亀の産卵期、砂浜に車の乗り入れは自粛すること。
以上、よろしくお願いいたします。 2003年5月サーフィン・磯釣り・四駆・自然愛好者一同
Copyright©2005 nAn All rights reserved.