Back Topへ

布引林道

布引林道の地図

布引林道:(延岡市北方町川水流〜早日渡)

布引林道がどこからどこまでなのかハッキリしない。上崎橋が最近出来たことを考えたら、やはり川水流〜早日渡までといったほうが正解なんだろう。しかし、林道も上崎橋を渡って早日渡に行った方が結論が早い。見所がこちらに集中し、川水流から行っても林道があるだけだからだ。勿論私の偏見である。最近出来た上崎橋、何と30億円だって。山林開発の故里林道の一環らしいが、どのように変わって行くのだろう。上崎からはクネクネと、急傾斜の山肌に鉈をふるったような林道が続く。途中には数件の民家もある。ほとんどが薄暗い山道であるが、途中に抜群の絶景がある。真下には五ケ瀬川が悠然とカーブを描きながら流れている。道路下の雑木を広範囲に伐採してあるために180度が見渡せる。やがて布引橋、この上流には布引の滝があるらしいが、道が無いため見る人も少ないだろう。沢登りの仕度をして是非一度写真に収めたいものだ。やがて棚田の中に数軒の民家のある村落に出る。そして218号線。右折すれば「よっちみろ家」だ。延岡から「よっちみろ家」に行く人は多いと思うので、一度この林道を通る事をお奨めする。時間的にもあまり大差無い。ただし崖から落ちるような人は駄目ですよ。

拡大

上崎の村落、左手には庚申塔、真っ直ぐ下れば上崎橋

拡大

上崎の案内標識(徹底しているから気持ち良い)

拡大

庚申塔群。

拡大

ここの丘陵は上には遺跡があるのでしょう。

拡大

このような急傾斜地の道路なのです

拡大

180度眺望抜群の場所。

拡大

上にも村があるみたいですが、通行止め。

拡大

これが布引谷橋です。

拡大

この向こうに布引滝はあるのかな?。

拡大

布引谷川の名前が刻印。

拡大

天馬大橋です。

拡大

「よっちみろ家」から撮影した林道出口付近の様子です。

拡大 拡大

美しい上崎橋(写真をクリック 150kb)

周辺山林開発のための、ふるさと林道上崎線の一環として、2006年11月20日完成した。全長201m、ニールセンローゼ橋(アーチ橋)の形式(橋桁を使わない)である。 しかし総費用30億円。すごいですね。


拡大

「梅花石」があるという布引谷

「梅花石」とはウミユリという太古の動物の化石で、貴重な岩石です。代表的なものは、北九州市門司港の青浜の海岸に、梅の花の模様が見られる「梅花石」の層が露出しています。

編集後記

布引の滝までは、道はありません。近くには行けそうな農道がありますが、行った事はありません。これらの道をチョッと伸ばせば、滝までの道は簡単に出来そうですが、何で造らないのでしょう。「隠し金山」では無いのだから……。糸魚川のヒスイ峡に行って見ましたが、台風の跡300万円のヒスイの原石を見つけたと言う話は聞きましたが、別に隠してはいませんでした。しかし不心得者がいる事も現実ですから、何ともいえませんね。(アレッ、私の考えすぎかな?開発しない理由は……。)

Copyright©2008 nAn All rights reserved.
行きかた 延岡市街から五ケ瀬川沿いに西進、本当は川水流の鮎ヤナのところから入るのだろうが、私は何時ももう少し上流の最近出来た「上崎橋」から入る。この布引林道には本当によく説明板が立っており、ありがたい。誰でも迷わず行けるだろう。「布引林道」と「よっちみろ家」の案内標示どおり行けばよい。

周辺見所

botan 早日渡神社

関連サイト

botan 梅花石とは

北九州市公式サイト。

パノラマ写真

・小(150kb)

・大(550kb)

五ケ瀬川が足下を流れる絶景なのです。

hana

実りの秋です。山遊びには最高の場所でしょう。

記念碑

干支の町で有名な北方町の「竜ちゃん」です。