Back Topへ

東海の常夜灯

東海の常夜灯地図

東海の常夜灯は、古くから航海安全祈願や港の位置を示すために建てられたもので、この東海町の常夜灯は江戸時代後期に建立されたと伝えられています。この常夜灯は凝灰岩製で地表部の高さが約5.6m、幅3.5mの石灯籠であり、台座には建設時の関係者(地もとの有力船問屋や摂州、芸州、備前などの関係者)が記され、その堂々たる風格は、東海港における往時の繁盛振りを伺わせます。常夜灯は燈篭の部分に火をともし、舟が出入りする際の目印として、航行の安全を祈ったとされています。今で言う灯台です。東海港は京阪地方へ木材や木炭を運ぶ船で賑わった港でしたが、大正十三年(1923)の日豊本線開通とともに海運業は次第に姿を消し、常夜灯もその役目を失いました。この種の常夜灯は日向市細島の2ヶ所しかなく、歴史的にも貴重と言えます。
昔の風景・・・この付近の昔の風景です。
 

phot
常夜灯
phot
常夜灯
phot
常夜灯脇の地蔵
phot
周辺道路
細島常夜灯・・・細島の妙国寺の奥の山林の中に、半ば崩れかけた常夜灯がある。
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.