Back Topへ

善正寺

善正寺地図

善正寺: 延岡駅から旧国道を北に300m行き、クリーニング店を左折すると、萩の車地蔵堂がある。更に行くと善正寺に着く。 養老3年(719)笑嶺(しょうれい)和尚の開基と言われる。蓬莱山金仙寺(善正寺)と号して今の台雲寺の地にあった。その後高橋元種のとき移転させられたが、後今の城陰寺の地に移り、明治初年再び今の地に移った。山門には像高2m、江戸時代の石造り、金剛力士仁王像がどっしりと構えている。阿吽(あうん)両像は、いづれも未完成の荒削り。伝承によると、石工が政策の半ばにして去るとき、「わしの仁王様に手を加えるな」と言われたと言う。今もそのお告げが守られていると言う。同地南側の墓地には郷土の医学・私学の祖と言われる渡辺正庵や史学の祖と言われる。郷土の歴史書「延陵世鑑(えんりょうよかがみ)白瀬永年の墓がある。
■金剛力士に仁王像とは:・・・いろいろな仁王像の説明
 

phot
正面
phot
右側仁王像
phot
左側仁王像
phot
本殿
phot
阿弥陀如来像
phot
盲僧供養像
phot
衛門三郎堂
phot
地蔵
phot
六地蔵幢
phot
地蔵
phot
仁王像接写(左)
phot
仁王像接写(右)
■衛門三郎堂:豊後の大友宗麟に追われ、延岡に来て自刃死した武将・衛門三郎の首を祭る衛門山のお堂を移した。堂内には「西江院殿月心清白大信士」の碑。堂外の碑は、その家臣の碑という。「お堂の中から軍馬の轡(くつわ)の音が響くこともあるそうな」と伝承され、勇武の神、又首を供養しているところから”頭の神”と親拝され、災難払いや健康祈願、学力向上の参拝がある。1月、5月、9月の24日には、供養法要がある。
■<石碑より>
"一隅を照らすこと国の宝なれ、己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり"
宗祖 伝教大師のご宣示を宗とした。わが善正寺は真海大和尚を第一世として、延宝年間(西暦1673)創建された寺院にして、比叡山延暦寺を大本山として、三百年の歴史を持つ古刹である。

春かすみたなびく山の下陰に
       さやかに照らす善正の月 
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.