Back Topへ

土持卒塔婆

土持卒塔婆地図

土持卒塔婆
この地、吉野光福寺の跡なり。土持宣綱、その子全繁両夫妻の追善供養のため建立されたものである。 文明14年(1482)土持一族が建立した。土持卒塔婆は、阿蘇溶結凝灰岩製の高さ1.85m、幅30〜37cmの四角柱である。
土持父子及びその妻の没年は: 宣綱:1458(康正4)年、宣綱の妻:1466(文正元)年、全繁:1469(応仁3)、全繁の妻:1477(文明9)年、である。その頃は伊藤氏が勢力を伸ばし、全盛を極めた土持七頭もかげりが見え始め、1457(長禄元)年、の小浪川(こなみかわ)の戦いにおいて、伊藤氏に破れて財部土持氏も滅び、土持氏は縣土持氏を残すのみとなった頃である。
 

phot
墓石群
phot
標識
phot
入り口
phot
墓石群
phot
卒塔婆塔
phot
墓石群
phot
入り口右側の
庚申塔みたいなもの
phot
刻印の残る石塔(・・・寛文八年)
往時の面影は今はまったく無いが、雑草は刈られ良く手入れされていた。地元有志の方に違いない。
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.