若宮の五輪塔群

若宮の五輪塔群の地図

若宮の五輪塔群:(東臼杵郡美郷町西郷区若宮)

耳川沿いの、若宮の村落(向粕野集落)のはずれ、川岸近くにある低い小丘の中に、苔むしたたくさんの五輪塔が建っている。何でこんな所に?と思えるほど、そこは川岸近くで不安定である。。雑木林の中に今にも埋もれそうになりながらも、足の踏み場も無いほど整然と並んでいる一角もある。

ここは古い庵跡と伝えられるところで、東西に伸びた丘陵上、延長約50m、巾約5mの区域内に148基もの五輪塔がある。

工業港入り口
諸塚村へ伸びる旧道。今は通行止めでした。
工業港入り口
案内板の下にこのような広場がある。広場の向こうの林の中にある。
工業港入り口
五輪塔群
工業港入り口
五輪塔群

行きかた 若宮から旧道を耳川沿いに諸塚方面に進みます。村落の中に小川が流れていますが、その橋を渡りしばらく行くと、左手下方に広場があり、若宮の五輪塔の小さな案内板があります。

若宮の五輪塔群

西郷村内には、現在、30ヶ所の五輪塔が所在し総数356基ある。その約4割を一箇所で占めるのがこの若宮五輪塔群である。

その内3基の空風輪には、墨書された菩提門の種子(ケン・カン)が確認されている。高さは90cm以下で、70〜80cmのものが多く形式の変化が見られる。

西郷村史

編集後記

ここは本にも載っていない隠れた穴場かもしれません。調査したら何かの歴史が出てくるのではないでしょうか。何でこのような所にと思いますよ。機会がある人はお先にどうぞ。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.