鶴富姫化粧の水

鶴富屋敷の地図

鶴富姫化粧の水:(東臼杵郡椎葉村上椎葉)

国道から鶴富屋敷に上る途中の左手の森の下に、鶴富姫の化粧の水といわれる清水が湧き出している。

平家残党の討伐に来た那須大八郎と恋に落ちた鶴富姫が、お化粧に使っていたという伝承がある。

浅学菲才

関連サイト

botan 日向御前お化粧の水

延岡藩有馬氏の妻で徳川家康の曾孫、日向御前のお化粧の水といわれる湧水です。

那須大八郎と鶴富姫の悲恋の舞台

拡大

鶴富姫化粧の水

拡大 近くに由来を刻字した石碑が建っているが、難しすぎて良くわからない。

しかし、「姫」と書いて、「化粧の水」と解く。延岡にも「日向御前の化粧の水」がある。化粧のことは良くわからないが、昔はお化粧するのに水は必需品であったのかな?。

編集後記

この湧水を鶴富姫が使用してたのかどうかはわかりません。鶴富屋敷自体も果たして鶴富姫が住んでいたのかどうかは、歴史の厚いベールに包まれています。年代的にみて今の屋敷に鶴富姫が住んでいたということはありえませんが、鶴富姫の墓も屋敷横に有ることからして、何代か前の屋敷に住んでいたことは考えられます。これも私の独断と偏見、勝手な空想ですが。卵が先か、鶏が先か、歴史というものは不思議と辻褄が合うように作られています。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.