Back Topへ

高城城址

近江地蔵堂地図 ココ

高城城址:(宮崎県児湯郡木城町高城)

高城城址は小丸川とその支流である切原川に挟まれ、標高60mを数えます。地形は舌状に細長く伸び台地であり、見晴らしには大変優れたところにある山城です。現在城山公園として利用されている箇所が、東側の主郭とおもわれる曲輪と考えられています。ここでは名将山田新介が陣頭指揮をしていたことでしょう。又この城には七箇所の竪堀が見られ敵が侵入するのを防いでいました。その跡は今でも残っています。この城では、天正6年(1578)、天正15年(1587)の二度に渡り、大合戦がありましたが、当時の高城城主山田新介有信はわずかな兵力でよく防ぎ、とうとう落城することはありませんでした。
 

拡大

案内図

拡大

慰霊碑案内

拡大

慰霊碑

拡大

町並み

拡大

メロディ時計台

拡大

古い井戸

拡大

古い六地蔵塔

拡大

斜面だが・・・。

botan その当時日向で勢力を誇っていた伊藤氏が島津氏に破れ、大分に逃げ、親類の大友氏を頼ります。大友氏はこの際、新興勢力の島津氏をつぶそうと、約5万の大軍でこの城を攻撃しました。しかし高城城主山田新介有信はわずかな兵力でよく防ぎ、とうとう大友軍は大敗しました。これを高城川合戦と呼んでいます。この合戦が原因で、今度は豊臣秀吉の弟、秀長率いる15万の大軍と合戦することになりますが、このときも新介はよく防ぎ、この城は落城しませんでした。これらの戦いは、戦国時代九州において最大規模の合戦であり、また落城しなかった名城として、また名将山田新介の名とともに語り継がれています。

後年山田信介が死んだとき、島津義久は徒歩で、自ら棺の傍につき、葬儀に参列したといわれている。(-_-;)

botan 平成四年度には、木城町の城山公園整備事業によるメロディ時計台建設に伴い、発掘調査の結果、竪穴状遺構、柱穴、石列などのほか、杯、皿、小皿、磁器、陶器などの遺物も発見され、時期的にも合致し、当時の戦いの状況を知ることが出来ます。

botan 城址南側に沿って、東西に街の中を走る道路があるが、これは昔から立(縦)小路といわれ、南北朝時代から武家屋敷があった。城址からは今でも当時の屋敷割りの様子が伺える。

Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.
行きかた 木城町役場付近の丘の上にメロディ時計台が見えますので、場所はすぐわかりますが、時計台を正面に左にしばらく行くと、坂道にかかったあたりの右手に小さな標識がありますが、藪に隠れているためによく見ないとわかりません。丘に登りかけてすぐ右折すれば間違いないでしょう。
周辺見所

botan 宗麟供養塔

botan 比木神社

botan 永山古墳

botan 水分神社

botan 新しき村

botan 鬼ハス自生地

この城は九州でも有名な城で、歴史ある地域であるが、その割には見所が無い。有るのだろうが、説明板が一個あるだけで、個々の説明がされていない。変なところに御大師像の新しいのがあったりする。何処かの寺にもあったね。真新しい石をおいてこの石に触ると毛がはえるとか。叉この地に車で初めて行って、城までたどり着ける観光客は少ないだろう。一度福井県の朝倉遺跡に行ってきたらどうだろう。よってここは文献に頼り、文章で説明することにする。

botan 大友・島津の高城の戦い

botan 島津・秀吉の高城の戦い