Back Topへ

夜鳴き石

夜鳴き石の場所地図

夜鳴き石:
古くは天真名井の下を流れる神代川の清流にあり、村に災いがある時は、石が夜にうごめいて知らせたことから、「夜鳴き石」といわれています。伝説では、天孫瓊瓊杵尊(ニニギニノミコト)の子供を宿した木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)が、あまりの難産に、この石に抱きついてお産をされたとも言われ、豊玉姫(トヨタマヒメ)・玉依姫(タマヨリヒメ)のお産伝説もあるようです。また夜鳴きの激しい赤ん坊はこの石に触れると泣き止むとも言われ、昔は子供を抱いた若嫁の姿を良く見かけたそうです。(案内板)
 

phot
案内標識
phot
由来
phot
夜鳴き石
phot
夜鳴き石全景
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.