天岩戸神社(西宮)

天岩戸神社(西宮)地図

天岩戸神社 :(宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073-1)

天岩戸神社は、創建年代ははっきりしていません。弘仁三年(812)豊後の大神大太惟元(おおがだいたこれもと)が社殿を再建したと伝えられています。西本宮の御祭神は大日霊尊(おおひるめのみこと):天照大神の別称。社名の通り天照大神が岩戸に身を隠したという「岩戸伝説」から岩戸を守る神社と伝えられます。

西本宮境内には、品種として今から一万年前のものといわれ、全国でも数箇所しか見られないとされる「古代イチョウ」や天鈿女命(アメノウズメノミコト)が手にして舞ったというオガタマの木を見ることが出来る。

天岩戸は、社務所にお願いすれば、神官の方が案内してくださるが、今は穴も崩れ、ツタもはびこり、神官の御言葉に昔を偲ぶ以外にない。

正面鳥居
正面鳥居
西本宮の石塔
西本宮の石塔
古い六地蔵幢口
古い六地蔵幢
2mもある燈篭
2mもある燈篭
工業港入り口
山門と拝殿
工業港入り口
御神木オガタマの木
工業港入り口
お堂
古代銀杏
古代銀杏
古代銀杏
古代銀杏
神楽殿
神楽殿
拝殿
拝殿
殿内
殿内
■天安河原神社(あまのやすがわらじんじゃ)
岩戸川を降りて少し上流に行くと、神々が集まって相談したという天の安川原があって、観光客はかならず訪れる場所になっています。雰囲気はすごいですよ。霊気100%のすごいところです。ここの川原で石を探しに岩を降りて行ったら、スッテンコロリと転びました。コケがすごくて滑りやすい。(私の日頃の行いが悪いのかも)カメラは傷つくしなあ。皆さんも気をつけてくださいね。
■天岩戸神社(東宮)
東宮は七号線を高千穂方面にバック。一つ目を左折、岩戸橋を渡ると左手にある。涸れることが無いといわれる「御神水」があります。
編集後記

この神社天皇家ゆかり神社である。すべてがおごそかで歴史の重みを感じる。神話の舞台でもある。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.
TOPへ