延岡城跡(城山公園)No1

城山公園の地図

延岡城跡(城山公園):(延岡市城山)

延岡市のほぼ中心部、五ヶ瀬川と大瀬川に挟まれた小高い丘の上に延岡城跡はある。かっては土持氏によって利用された時期もあったが、本格的な城郭をなしたのは、豊臣秀吉の領地割りによって、初めて配属された高橋元種が、本丸、二の丸、三の丸を備えた本格的な平城を、築城してからである。いまも二の丸前の千人殺しの石垣など当時の面影が強く残っている。

今は最上段には「城山の鐘」が刻々鐘の音を響かせ、周囲は公園として整備され、市民の憩いの場となっている。最近特に有名なのは「城山の椿」自然種で珍種が多く、季節になれば多くの見物客で賑わう。

歴代藩主の紹介
市役所側入り口にある歴代藩主の紹介です。
この道を上って行きます
この道を上って行きます。車では行けません。
石垣下の道筋
石垣下の道筋です。
三の丸付近の全体図
三の丸付近の全体図です。砲台が有ったらしいですが、場所は不明です。
案内柱
三の丸跡地の案内柱
庭園
今は庭園になっています。
右に行くと牧水歌碑
三の丸を右に行くと牧水歌碑に出ます。
牧水歌碑
広場の一番奥にある牧水歌碑です。
二の丸跡
二の丸跡ですが、一時ここは児童遊園地で、動物園でした。
北大手門
北大手門です。周囲の石垣には刻印された石がたくさんあります。右に説明あり。
千人殺しの石垣、石段
二の丸跡の広場と、千人殺しの石垣、石段です。
長い石段
長い石段です。昔の武士はここを通って登城していたのでしょうね。
標柱
二の丸跡の標柱です。
傾斜が美しい
傾斜が美しいですね。この前では、かがり火を焚いて薪能が行われます。
当時の井戸
当時の井戸が残っています。城外に出る抜け道があったらしいのですが。
井戸の入り口
井戸の入り口です。

Goole地図

行き方はあえて書く必要はありませんね。延岡市役所の前です。

歴代藩主

botan 高橋氏

高橋元種一代
(1603〜1613:10年間)
5万3千石。

botan 有馬氏

(1614〜1691:77年間)
5万3千石。

botan 三浦氏

(1692〜1712:20年間)
2万3千石。

botan 牧野氏

(1712〜1747:35年間)
8万石。

botan 内藤氏

(1747〜1871:124年間)
7万石。

周辺見所

  内藤記念館

  亀井神社

  三福寺

  専念寺

  妙専寺

関連サイト

botan 高橋元種の改易

高橋元種の改易の理由や怪奇現象。

botan 藪ツバキ

百八固体、約三千三百本のやぶ椿が自生、日本三代やぶ椿自生地とされている薄桃色の「城山」をはじめ、「亀井」「旭日」「延岡」など、特有の種類もある。もうすぐシーズンです。しばらくお待ちください。

■千人殺しの石垣

拡大 ここの石垣は千人殺しと呼ばれ、敵が攻め入った時に石垣の一部をはずすと崩れ落ち、一度に千人を殺すと言い伝えられている。今は危険防止のために、礎石にコンクリートをうち、固定されているらしい。ということは、一番下のデッカイ石ということかな?。

■若山牧水歌碑

拡大

この歌は昭和2年7月24日、台雲寺で詠んだもので、昭和10年春、全国3番目の牧水歌碑として建てられました。毎年春分の日に歌碑まつりが行われます。

なつかしき   城山の鐘     鳴りいでぬ をさなかりし日   聞きしごとくに

内藤家歴代墓地

あまり覗いたら駄目ですね。

墓地入り口
墓地入り口の門です。。
石の塀
墓地を囲む石の塀
歌碑のある広場より
牧水の歌碑のある広場より。
二の丸跡より
二の丸跡より。
編集後記

遠方から見たら、街中の小さな丘にしか見えないこの城も、一歩中に入れば、思ったより大きいですね。しかし残念なことは、先だって、元警察署跡から堀の遺構が出てきたらしいですが、新聞に載ったので、すぐ見に行ったら、もう埋めていました。保存はわかりますが、せめて一ヶ月ぐらいは、市民に公開したら良かったのでは?。

次へ

Copyright©2008 nAn All rights reserved.