清高寺

清高寺の場所地図

清高寺 :(宮崎県東諸県郡綾町南俣大口5691-1)

は、稲葉崎の東海小学校北側に位置する。「日向延岡七福神」の「羅紗門天霊場」となっている。本堂脇に四国八十八ヶ所の弘法大師像が並ぶ。小梓の古寺、慈福寺の法灯を守っており、法安・供養を奉修している。羅紗門天の立像は、大和の国(奈良県)信貴山から勧請した。山号は東光山、正和三年(1314)延岡大武町清高島に開山した。御本尊は薬師如来。法灯は約四百年の間、清高島で守られていたが、宝暦12年(1762)稲葉崎に移された。この時宝暦5年(1775)に立塔された「法華経一字一石塔」も移された。明治4年(1871)に廃寺となったが、明治14年(再興され法灯がともされた。

本殿
本殿
羅紗門天看板
羅紗門天看板
弘法大師と四国88ヶ所石像
弘法大師と四国88ヶ所石像
法大師と四国88ヶ所石像
法大師と四国88ヶ所石像

■「羅紗門天」は、勇気と知恵を授けるとあって、学力向上や進学・受験生たちの参拝もある。
■清高寺跡=真言宗。延岡善龍寺の」末寺である。清高島にあり、廃寺の年月は明らかではない。(日向地史)
場所は延岡市大武町常念寺の北側、地名は「薬師畑」。

慈福寺・・・この寺の法灯も守っている。

編集後記

( ^ω^)・・・

Copyright©2015nAn All rights reserved.
TOPへ