キリシタン洞窟礼拝堂

キリシタン洞窟礼拝堂 :( 大分県竹田市竹田殿町)

旧竹田藩の武家屋敷が並ぶ殿町通り、その傍らにキリシタン洞窟礼拝堂の古びた石塔が建っている。そこを山手に50mほど登ると、左側民家横に案内板がある。民家の裏手の山はあまり高くはないが、鬱蒼とした広葉樹林に覆われ、昼なお暗い様は、場所が場所なだけに神秘的だ。入口に湧水があり、そこから見える二つの洞窟。左が礼拝堂で、右は住居だったとか。礼拝堂の入口の下には小さな穴が二つある。人ひとり小さくかがんでやっと通れるほどの規模だ。キリスト教禁止の時代に堂々と今の大きな拝殿を拝めるわけでは無かろうから、私の偏見ではあるが、この小さな穴から出入りしていたのではないか?と。思いたい。また武家屋敷のすぐ近所に何で礼拝堂があるのだろう。

洞窟堂入口
坂を上った洞窟堂入口
湧水の穴と全景
湧水の穴と全景
湧水の泉
湧水の泉
洞窟礼拝堂全体
洞窟礼拝堂全体
礼拝堂の中
礼拝堂の中
隣の大きな洞窟
隣の大きな洞窟
礼拝堂下の穴
礼拝堂下の穴
キリシタン洞窟石碑
キリシタン洞窟石碑
キリシタン洞窟礼拝堂
禁教時代の洞窟礼拝堂です。
西光寺
西南の役の藤丸警部の墓があります。
沈堕の滝
この城の下流にある名瀑です。
原尻の滝
緒方町の有名な名瀑です・
重岡キリシタン墓
宇目町の重岡にある「ルイサの墓」
十字架

「岡」といえば天正年間にキリシタンの志賀親次が領主であり同宗門が栄えたところで、天正16年(1588)頃志賀氏の領内にはおよそ8000人のキリシタンがいたとある(耶蘇会日本年報)。大友宗麟から始まったキリシタン信仰は禁教令が発布されても、なお生き残る余裕があったのかもしれない。。

編集後記

宮崎・鹿児島にも隠れ念仏洞あるが、それに比べて何か開放ムードがある。キリスト教はよく解らないが・・・。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.
TOPへ