Back Topへ

鳴子水神

鳴子水神地図

鳴子川の水神さん
鳴子川は旧門川村と加草村の境を流れ、門川湾に注いでいる。国道10号線に架かる鳴子大橋には、橋の欄干にの四隅に、魚を抱いたかわいい男女の子供の像が建てられている。これは鳴子川伝説に由来している。 昔、鳴子川では、毎晩赤ん坊の泣き声が聞こえていたそうです。ある夜、投げ網を打つ漁師が泣き声の後をついていくことにしました。行っても行っても泣き声は同じ距離を置いて聞こえてきました。漁師は気味が悪くなって引き返しました。あくる日、村人にその話をし、川の真ん中に石を積み上げて、水神様を祀り、鳴子川と名付けました。それ以後、赤ん坊の泣き声を聞いた人はいなくなりました。「故郷の轍」加草では、夜鳴きする子に、水神さんにざるで砂利を運んであげると治るという習慣が残っている。
 

phot
水神様のある小島遠景
phot
水神様
phot
鳴子橋
phot
鳴子大橋の子供の像
水神様は小島の中央位に祀ってある。島は今は野鳥の楽園である。鶏までいたぞ。
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.