Back Topへ

美々津の道路元標

美々津の道標

美々津道路元標
美々津町石並地区と新町地区の境界は海岸に面し、そこを通る旧道に美々津道路元標が立っています。
裏面:明治三十五年七月建設
正面:「距宮崎元標拾参里参拾四町拾参間参尺」
右側面:「都農へ貮里貮拾丁拾七間貮尺」
左側面:距大分県管轄境拾五里参拾四町貮拾4間」と刻字されている。
美々津には明治4年(1871)から同6年1月までの短い期間でしたが、美々津県庁がおかれ、さらに港町として栄えたことから、豊後街道の重要な拠点であったことが伺える。
 

   上町筋が豊後街道ですが、大正時代までの豊後街道は、宮崎〜延岡間すらも道幅はわずか2m。現在の私たちの思う道路とはまったく異質のものであったのです。
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.