Back Topへ

光明寺

光明寺の地図 ココ

光明寺:真言宗(延岡市古城町2丁目13−5)

拡大

当寺は井上城の鬼門除けとして、養和元年(1181)土持相模守が開基し、宇佐の智賢上人が開山したと伝えられ、本尊は阿弥陀三尊(恵心僧都の作)である。

同寺の本堂東側には淡島堂があり、「女の守護神・淡島神社」と標柱が立っている。祭礼(3月3日)ともなると、堂内は婦人の姿で満員となるらしい。安産や病気回復を願って、櫛や、千羽鶴、髪の毛、麻、よだれかけ、小さな着物まで奉納されるという。

拡大

正面山門

拡大

霊場標柱

拡大

本堂

拡大

西国三十三ヶ所観音像

拡大

観音様

拡大

本堂入り口上の彫刻

拡大

淡島大明神全体

拡大

淡島様

拡大

恵比寿様

拡大

伏見稲荷

拡大

狛犬と変わった燈篭

拡大

手水舎

淡島明神

淡島大明神

拡大 和歌山市の淡島神社を根本社とし、江戸時代活躍した淡島願人の力により、各地で境内末社として祀られている。住吉大神の后であった淡島様が自らが病にかかりながらも、紙人形を作り、海に流し、婦人の病に苦しむものを助けることを誓ったという。伝説の流布と信仰の宣伝により、安産の神として全国各地に信仰されている。この淡島さんも3月3日のひな祭りの日にとりおこなわれる大祭には多くの女性信者で賑わう。

編集後記

いつもお寺の取材では写真に事欠きますが、この寺ではいくらでもあります。そういった意味では張り切って取材したのですが、なにしろ寺社の専門用語がよく解りません。今度は写真の説明がうまく出来ませんでした。まだ西国33ヶ所観音像の写真を一枚づつ撮りたかったのですが、次回に廻しました。

Copyright©2008 lifeplan All rights reserved.
行きかた 延岡警察署前を西進。愛宕神社・春日神社を過ぎて、土持氏の古城、井上城の丘が左手に見え出すと大瀬川大橋に近づく。その丘の手前の信号を右折。次の信号を右折。というより県立延岡病院の前を西に真っ直ぐ突き当たるといったほうがわかりやすいかな。正面入り口は大通りだが、駐車場は右側の通りを入ったら左手にある。

周辺見所

botan 井上城址

botan 春日神社

botan 願成寺

botan 愛宕登山道

関連サイト

botan 淡島大明神とは

女性の守り神といわれる淡島大明神が信仰されるようになったのは……。

botan 加太淡島神社

淡島神の中心です。

拡大 観音様のお顔です
拡大 西国三十三ヶ所観音像の前の石柱
拡大

九州三十六不動霊場第十一番札所(萬寿不動)

三十六ヶ所不動霊場