Back Topへ

幸福寺

幸福寺地図

幸福寺由来
文禄4年当地の地頭、松葉源之亟景守は曹洞宗に帰依し、宝来山幸福寺と称して、当地に一堂を建立した。その後390有余年を経て、昭和61年に七堂伽藍を改築再興した。境内には千手千眼観音、水子観音などが安置されている。 都会の騒音と雑踏を逃れて、泊りがけで座禅に訪れる人も多く、「座禅の寺」として有名。金ヶ浜を真下に眺め、朝は日の出、夜は潮騒と虫の声に包まれた平和なたたずまいの寺である。

拡大
入り口山門
拡大
これは仁王様?
拡大
九州四十九院薬師霊場第23番札所
拡大
本堂
拡大
薬師如来堂
拡大
山門を逆より
拡大
水子供養かな。
拡大
水子観音

お薬師信仰とは

見所
◇平岩地蔵堂・・・木喰上人の彫った仏像や書を祀っています。


Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.
行きかた   幸福寺は日向駅西口前の道路を南進、南日向の手前あたり、小さな山丘にかかる地点の右側にあります。大きな建物なのですぐわかります。または10号線を南下、住吉神社の前を右折、すぐです。
納経帳 はじめて聞く言葉なので調べてみました。
九州四十九院薬師霊場の場所
九州四十九院薬師霊場公式サイト