Back Topへ

小峰神社と天福寺

小峰神社と天福寺地図

小峰神社と天福寺は松山町小峰の国道218号線北の小高い丘を200m程登ったところに、真言宗の天福寺があります。大同二年(802)寺院と弁天堂を建立、同時にイチキシマヒメノミコトを祀る香嶺(小峰)神社も創建され、神仏共祀が続けられました。文安3年(1446)、松尾城が築かれると、寺と神社周辺の山は外城となり、松尾城の裏鬼門を守るものとして栄えていったと言われています。又天福寺の参道入り口に小峰神社の鳥居があり、急勾配の石段を132段も上がった所が小峰神社の社です。少し離れた北裏に天福寺が有り、寺と神社が隣り合わせになっている。天正6年(1578)豊後の大友宗麟に松尾城を攻撃された土持軍は敗退し、天福寺、小峰神社ともに焼失しましたが、後再建されました。

 

phot
入り口鳥居と看板
phot
参道の階段
phot
このような階段だ
phot
本殿
phot
本堂の奥
phot
天福寺本殿
phot
天福寺裏墓地の無縁仏
phot
裏墓地より松尾城を望む
小峰神社への参道の階段は、戦国時代のお城の階段を思い出す。急坂でとにかく登りづらい。城の階段は一段一段が高いが此処は低い。地形的に観て此処は松尾城の支城だったかもね。足の悪い人は車で天福寺の駐車場まで行ったほうが良い(裏からも入れる)。
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.