清水観音

清水観音の地図

清水観音(きよみずかんのん):(宮崎県東臼杵群美郷町北郷区子黒木)

清水観音は、祠の脇の巨杉の根元から清水がこんこんと湧出して、その昔旅人達の喉を潤していました。観音堂には明和元年(1764)に納められた像が祭られており、当時の往還の繁栄を伝えています。

清水観音の祭礼日は旧暦3月16日でしたが、平成元年より4月の第一日曜日に改められました。かってこの祭りは近郊の若者たちの見合いの場ともなって、幾多のロマンスが生まれたことから、厄病除けの他に、縁結びの観音様として今日でも多くの参詣者が訪れます。

引用:現地案内板

前の六峰街道
観音参道前の六峰街道、右手が駐車場です。
案内標識
清水観音の案内標識
ここを上って
ここを上って行きます(3分くらい)
風景
途中から見える風景
参道
参道の途中
清水峠標柱
古い清水峠標柱
清水水神石碑
清水水神石碑
観音堂
観音堂、昔はもっと大きかったのでしょう
観音様
観音様
何の願い
何の願いかな?
湧水池
湧水池付近
旧道
宇納間への旧道
昔のままの姿
昔のままの姿でしょう
杉の巨木
往来の人々を見続けてきた杉の巨木
観音堂全体
観音堂全体
眺め
観音堂からの眺め

行きかた 延岡から国道218号線を高千穂方面に向かい、北方町の川水流の町を過ぎた付近の、五ケ瀬川に架かる古い橋を対岸に渡る。しばらくは急勾配の坂道だ。そしてトンネルを過ぎるとゴルフ場方面から来た道と交わる。そこから100m、右手山側に上ってゆく六峰街道と看板がある。やがて速日ヶ峰の山頂近く、右側に旧諸塚間道の標識。そこを過ぎてすぐ左側に清水観音の案内標識がある。道路右側に駐車場があるので、そこに駐車しておこう。徒歩3分で到着する。

旧諸塚間道の清水峠と清水観音

速日の峰を東に1km行くと清水峠があり、九左衛門峠同様に諸塚間道の要衝です。北郷村黒木と北方町猿渡及び打扇に下る道があります。峠の山頂近くに清水観音堂は鎮座します。この付近ではここが唯一の馬の水のみ場でしたので、この峠を越える旅人や馬方、駄馬はここで喉を潤し、疲れを癒したのでしょう。当時人々が腰を下ろせるようなお堂だったようで、旅人や牛馬の安全を願ったものでしょう。ここで弁当を食べ、清水を飲み元気を取り戻した様子が偲ばれます。現在は六峰街道が開通し、交通の便がよくなり、参道上り口には案内の標識や説明板が掲示されています。この観音堂参道からは、東には延岡市街、太平洋に注ぐ五ケ瀬川、大空の元に連なる山並みが正に絶景です。

参考:宮崎の街道(宮崎県教職員互助会)

九州自然歩道

九州自然歩道

この参道は、延岡から諸塚村家代に通じるかっての往還をかたどって開設されたもので、今では九州自然歩道の一部となっています。旧諸塚間道です。

編集後記

観音堂の参道を登り始めて、最初何の音かと思いました。シャリ、シャリと連続的に聞こえてきます。そちらの方を目で探すと、下から見えたあの風力発電の風車でした。その真っ白い優雅な姿は遠くからでも確認でき、ETOランドの新しい名物となるのでしょうが……。 反面、これまで静寂の中に鎮座してきた観音様にとって、一日中絶え間のない風車の音は、さぞや迷惑なことでしょう。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.