Back Topへ

亀井神社

亀井神社地図

亀井神社は天神様(学問の神様)と内藤家の祖先を守る。 内藤記念館の西側の天神山と呼ばれる高台にある。慶長19年(1614年)時の城主有馬直純公が城の守護神として大宰府より菅原道真公を祀る天満宮をお迎えしたのが始まりとされている。ここには京都の伏見城で石田光成軍と戦い討ち死にした三代内藤家長公と次男元長公が祭られている。当初は「天満神社と」と称し、後に内藤藩主の先祖を合祀し、延岡城の別名「亀井城にちなみ、亀井神社になったと伝えられる。ここは数多くの古木があり、自然が保たれている。

p
phot
神社正面
phot
神社
phot
神社参道石段
phot
他への鳥居
Copyright©2005 >lifeplan All rights reserved.