Back Topへ

貝の畑の五輪塔群

方財地図

貝の畑五輪塔群は、戦国時代からの墓石と思われる。五輪塔群は確認されたもので235基以上ある。この他頂上が三角形になった板碑が121基ある。
行き方は西階から天下橋を渡って左折、五ケ瀬川沿いに上流に行くとやがて有名な岩熊井堰がある。そこを過ぎてすぐ右下に下りる(20m程先にも降り口がある)突き当たりに消防倉庫が見え、右側に戦中の石造りの倉庫がある。そこを左折してすぐ左側の小丘が五輪等群のある山崎家一族の墓地である。最近出来たての石段を登っていこう。まずはお参りしてから見学させてもらおうね。とにかくすごい数の五輪塔群だよ。また巨木もあるが、何の指定もないのかな?まだ今回が一回目でよく解りません。
 

拡大
山崎家一族の墓の石塔
拡大
川を守る水神様
拡大
五輪塔群
拡大
五輪塔群
拡大
五輪塔群
拡大
壊れた五輪塔
拡大
小さな五輪塔
拡大
入り口石段
五輪の塔
五輪塔   五輪塔は仏教で宇宙万物を生成する元素とされる地、水、火、風、空の五大思想とインドに始まったとされる五輪図形が結び付き、日本で初めて石塔化されたものといわれている。 方・円・三角半月・団形で象徴し、石などで下から順番に積み上げたもの。鎌倉時代以降は供養塔や墓石として建てられた。
五輪塔とは・・・ウィキペディア
<引用資料:延岡ガイドマップ>
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.