Back Topへ

第19号墳(樫山七曲古墳)

第19号墳(七曲古墳)地図

樫山七曲古墳(円墳)は、樫山山麓に突出した小丘の上にある。この丘陵には稜線に沿って多くの古墳がありました。樫山古墳群(県指定史跡)と称されていたが今では数えるほどしか残っていない。この古墳は大正14年4月に東大講師鳥居龍蔵博士により調査されましたが、当時はこの古墳の東側に隣接していた円墳があり、瓢形墳と報告されています。この古墳は吹き石が見られ、粘土棺がが出土しています。棺は東西に細長く、断面は割竹形で小石と木炭に覆われていました。幅53cm、深さ53cm、で朱を詰めた痕跡があり、長さ44cmの剣一振りが副葬されていました。発掘で二つに分断された墳丘前の畑には、七曲古墳供養塔が建てられています。
 

phot
古墳遠景
phot
古墳入り口
phot
古墳案内
phot
古墳慰霊碑
phot
標柱
phot
古墳より桜ヶ丘方面
phot
人の手のはいった石
phot
古墳の真ん中は裂けている。
それにしても美しい古墳である。雑草は刈られ、きれいに整頓されている。
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.