Back Topへ

法明寺

法明寺地図

法明寺(曹洞宗)は、養老3年(719)承伝林和尚の庵室創建が始まりと伝える。治承2年(1178)土持栄綱(ひでつな)開基となり建立。後兵火に遭ったり、無住職時代が続いたりして、堂宇もすたれたが、元禄の頃台雲寺3世各同了異和尚によって再興された。尚本寺には延命地蔵といわれる地蔵菩薩が祀ってあるが、これは天正15年に高橋元種が領主として入封の後、子息の病気平癒祈願のため大仙より移奉し、金剛山真蔵寺という祈願所を建てて祀っていた物で、寛文8年(1668)に当地に移されたものである。境内には天主山八十八ヶ所霊場所の御大師さんの坐像がたくさん安置されている。

拡大
入り口正門
拡大
本堂
拡大
御大師さん坐像群
拡大
石碑
拡大
石仏
拡大
延命地蔵堂
拡大
開基住職の墓
拡大
延命地蔵尊寄贈者名
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.
行きかた 大貫町から大瀬川に架かる大瀬大橋を渡り、すぐ一つ目を右折、しばらく行くとこんもりとした森の三叉路に出る。元大将軍神社の跡地である。突き当たりの庚申塔を左に折れれば、そこから高台に法明寺が見える。