Back Topへ

大御神社

大御神社地図

大御神社は日向案内記によると、社は応永2年(1395)後小松天皇の時代に、黒木大学が再建した。とある。応永と言えば、足利幕府が支配権を確立していた時代で、応永4年に金閣寺を足利義満が建てたと記録されている。大御神社はその頃再建されたと言うのだから創建はそれ以前であり、足利尊氏の室町時代に存在していたものと推察できる。嘉永六年(1853)ペルーの浦賀来航により、幕府は海防上の監視を行うことを各藩に命じた。天領地日向においても、富高、日知屋、細島崎宮の上に鉄砲足軽の設置所を配置すると共に、細島崎、宮の上(社地の高台)に砲台まで防備を整えたとされている。この砲台建設については、日田代官所郡代が延岡、高鍋藩に細島港の警備出役するよう命じた際、高鍋藩が砲台だけでなく、今の大御神社(当時は朝日大神宮)の遷宮立替費用一切を負担するとしたのに延岡藩もあわてて同様の条件で申し入れを行い、許可されたと記してある。様々な経緯を経て、細島港の砲台は文久三年(1863)11月に完成するが、薩摩藩の強い要請により、細島港の防備はその一切を薩摩藩が請け負うこととなった。

 

phot
参道大鳥居
phot
正面鳥居
phot
由来
phot
古びた燈篭
phot
御手洗
phot
本殿
phot
横の石仏
phot
細島港
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.
上の写真にもあるが、ここに砲台を置くと、当たらない方がおかしいね。細島港の狭い湾口が眼下に見える。