Back Topへ

鶴富姫伝説

鶴富屋敷 壇ノ浦合戦(1185年)後、平家の残党が、豊後(大分県)玖珠(くす)の山から、阿蘇を経てこの地に住み着くようになった。

しかし、この隠れ里も源氏の総大将頼朝に知れ、扇の的で有名な那須与一宗高が、追討に向かうよう命令されるが、折りしも病気のため、替わって弟の那須大八郎宗久を派遣した。九州中央山地、馬も通わぬ鳥鼠の道を、平家残党の住む里に、やっとの思いでたどりつき、征討の陣を構えたところ、平家の残党にはすでに再挙の意思が無く、戦う気力も無かった。乏しい農耕に専念している有様を見て、大八郎も討伐をあきらめ、鎌倉には討伐したと報告した。

意外にもこの地を気に入った大八郎は、3年間滞在することになる。大八郎の召使に、平将門に繋がる鶴富(つるとみ)という女性がいた。何時しか彼の寵を受け、仲睦まじく暮らしていたが、ついに大八郎に帰国命令が下った。大八郎が帰国するとき妊娠していたので、大八郎は「もし男子が生まれたら私の本国下野の国(栃木県)へ連れて来い、女子ならばこれに及ばぬ。」と証拠の太刀と系図を与えて去った。やがて鶴富は女子を安産し、成人した娘に養子を迎えて、那須下野守と愛する大八郎の性をを名乗らせた。

ひえつき節

庭の山椒の木鳴る鈴懸けて 鈴の鳴るときゃ出ておじゃれ 鈴の鳴るときゃ何というて出ましょ 駒に水くりょというて出ましょ 和様平家の公達流れ おどま追討の那須の末よ 那須の大八鶴富おいて 椎葉たつときゃ目に涙よ

椎葉村由来


鶴富屋敷・・・椎葉村の由緒ある屋敷です。鶴富姫の墓や化粧水などがあります。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.