Back Topへ

千人間府

:(大分県宇目町大字木浦鉱山字大切)町指定史跡 昭53.8.18指定 三代茂氏所有

木浦山千人間府とは、木浦鉱山の大切坑のことで、木浦山で一番規模が大きく産出量多かったことから付けられた総称である。木浦鉱山は鉱山の開発によって村が成立したのではなく、木浦内村の中に鉱山が発見されたために、木浦内村には小庄屋、肝煎、村横目などの役人と、乙名、組頭、山目代、宗旨横目などの役人が別に置かれた特異な支配体系になっていた。木浦鉱山の開発起源については各種の説があるが、史実に表れるのは慶長3年(1607)に鉛が産出されたことが記されている。また江戸中期に記された鉱山開発のことを伝えた一子相伝書といわれる外財根元目録略記には「銀山の根元は豊後国大野郡木浦山をはじめとして……」また「錫山の始めは豊後国大野郡天神山を始めとして……」とある。  開発当初は露天掘りに近い方法で採掘されていた。江戸時代になると岡藩中川氏の支配になり、藩は木浦山奉行、両山調役、見計役等を置き、吹上錫・鉛の検査または木浦内村などで産出する椎茸、木炭等の検査業務を兼職させていた。さらに、鉱山は農地が皆無であったので、小野市組等から送られてくる米・大豆の管理、保管または運上金徴収の任に当たっていた。 鉱山の経営方式は、御手山方式、請山方式、直山方式が繰り返された。しかし食料の生産を伴わない鉱山では、米・大豆等の生活必需品のすべてを藩よりの供給に頼らなければならなかったので、山師は山を見立てると開発にかかる一切の経費、いわゆる銀穀を藩から前借し、生産された錫・鉛を藩の指定した商人に売却して前借を返済するという御手山方式が取られた。 鉱山は藩にとっても有用金属入手の場であったかが、経営は小規模で家内労働を基軸としていたので、山師が見積もった前借を産出すた錫・鉛代で完済した例は見当たらない。むしろ山師が前借した銀穀を「捨り」(返済免除)又は「浮置年賦」(据置年払)の処置を取り、山師の経営を立ち直らせる生産の拡大を図った。 ちなみに宝暦2年(1752)から安永元年(1772)までの20年間の前借は、米6,700石、大豆1,200石、大麦1,200石、銀一貫、銀札6貫であったが、藩はこれを返済免除している。 前にも述べたが、小規模経営であったため山師数も元禄期(1688〜)が最も多く50人程度で、その後は30人前後の小規模経営であったと推測される、つまり、山師及びその家族労働を主として細々と続けられていたことがわかる。こうした木浦山の中で開発された松木平、米原、姥山、茸ヶ迫、天狗平、田近山、天神山、桜山、尾越などがあるが、中でも大霧岳の大切坑は一番規模が大きく産出量は木浦山全体で最大の鋪であった。

千人間府

Copyright©2008 nAn All rights reserved.