Back Topへ

大武寺の天狗伝説

昔、この大武寺に旅の男が訪ねて来て、寺の小僧になって修業していた。ところが、この小僧の仕事ぶりの早いことは尋常ではなかった。庭掃除などもものの5分とかからなかった。住職がそっと覗いてみると、見慣れぬ天狗が団扇(うちわ)を使って、落ち葉を風に舞わせていた。小僧の素性は天狗だった。それから寺に鼻の長い仏像を祭り、火除けのご利益があるという。

(宮崎の伝説より)

Copyright©2008 nAn All rights reserved.