Back Topへ

ニニギノミコトと木華開耶姫の出会いの伝説、愛宕山

「瓊々杵尊は、ある日、笹妙(かささ)の御前(みさき)で美しい乙女に会われた。尊が「そなたは誰の娘ですか?」とお聞きになると、乙女は「私は大山津見神の娘で名を木華開耶姫(このはなさくやひめ)と申します」と答えられた。尊が「私はそなたを妻にしたい」と申されると、姫は「私はご返事をしかねます。私の父が何とか申し上げましょう」といわれた。そこで尊は大山津見神に申し入れをなさると大山津見神はたいそうお喜びになり、姫の姉の石長姫(いわながひめ)まで副えてたくさんの礼物とともに尊のもとへ奉られた。しかし姉君の方は醜かったので父の元へ送り返された。大山津見神は「私が姉の石長姫を送ったのは尊が石のように御堅固であらせられるように。また木華開耶姫を贈ったのは尊が花のように御繁栄あそばされるようにとの心であったのに」と御恨みなされた。
笹妙の御前(みさき)は、普通に薩摩の加世田だという。しかし今日の日向の中にあると見るのが妥当だろう。日向国史は、「宮崎市下北方の丘陵をさせるべし」といっている。

笹妙の御前といわれる愛宕山

日向の伝説(鈴木健一郎)

木華開耶姫

もとよりこれは日本建国の神話に出てくる女性ですが、日本の皇室の祖先と伝えられる瓊々杵尊の夫人としてふさわしく、桜の花が咲いたような方として日本の美女の象徴ともいうべき女性です。古事記や日本書紀に書かれている古代日本人、つまり私たちの祖先が語り伝えたところによりますと、木華開耶姫は日向の国つ神、大山祇命(オオヤマズミノミコト)の娘で、瓊々杵尊が高千穂から笹妙の御前に出てこられたとき、初めてこの姫に会われた。プロポーズの内容は上記のとおりである。木華開耶姫は瓊々杵尊と結婚されると、ただ一夜で身ごもまれました。そこで、いくら瓊々杵尊が天つ神の孫だからといっても、ただ一夜で夫人に子供が生まれるということはあるまいということになりました。姫の身ごもられた子は他の男の子ではないか、と疑われたわけです。そこで姫は「それなら証を立てましょう」というので無戸室(むとむろ)を作ってその中に入り、「自分の生む子が天神の子でなかったなら焼け死ぬであろうが、天神の御子なら害(そこな)われる事はあるまい」といって、その家に火をつけて焼きました。その燃え盛る炎の中から「我は天神の子、わが父はいずこにいますぞ」といって、四人の皇子が次々に生まれ出られたという。姫は「これをなんとごらんになりましたか」と申されると、尊は「初めから自分の子と知っていたが、世間の疑いを解くために言ったのだ」と申されました。美しい中にも愛情には強いところがある日本女性の典型でもあろう。

*国つ神:高天原の神が天つ神です。日本の土着の神のことで、昔からその地に居た土着の豪族、即ち土豪にあたります。大山津見神というのは山の神でもあります。瓊々杵尊の夫人になられた木華開耶姫は山の神の娘でしたから、今日でも奥さんのことを「山の神」というのだといわれています。

日向ものしり帳(石川恒太郎著)

Copyright©2008 nAn All rights reserved.