Back Topへ

庚申塔とは

庚申は、干支(えと)の組み合わせの一つで、「かのえさる」「こうしん」と読みます。これを暦に当てはめると60日ごとに庚申の日はおとずれ、60年に一度、庚申の年は回ってきます。庚申(待)信仰は、庚申の夜、帝釈天及び青面金剛を徹夜で祭る習俗で中国の道教に由来します。平安時代に日本に伝わり、江戸時代に庶民信仰の中心として盛んになりました。各地に庚申を祀る「庚申講」が結成され、道端、集落の入り口、等に庚申塔をを建立し、五穀豊穣、無病息災、悪疫退散などを願いました。仏教系では帝釈天、青面金剛を本尊としたのに対して、江戸中期以降に神道系では、「申=猿」の発想からか、神話の中で道案内として、登場するサルタヒコを本尊として祀り、猿田彦や申田彦などの文字や姿を表した塔を建立して言ったのです。日向の国では北川町八戸、俵野峠の庚申塔等、道標として、また旅人の安全を守る神として存在したようです。
道教では、人間の体内には三尸という3種類の悪い虫が棲み、人の睡眠中にその人の悪事をすべて天帝に報告に行くという。そのため、三尸が活動するとされる庚申の日(60日に一度)の夜は、眠ってはならないとされ、庚申の日の夜は人々が集まって、徹夜で過ごすという「庚申待ち」の風習があった。庚申待ちは平安貴族の間に始まり、近世に入っては、近隣の庚申講の人々が集まって夜通し酒宴を行うという風習が民間にも広まった。。

波瀬の庚申塔群・・・ここのは大きいです。

若宮の庚申塔・・・西郷地区から宇納間地蔵に抜ける旧往還の途中にあります。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.