Back Topへ

石城城址

石城城址 「石城」の地名は南北朝期から見え、日向国児湯郡のうち新納院(にいろいん)に属する。

石城は、上城、と下城よりなっていた。三方に川が巡り、断崖をもって望み、一方は高山にてさえぎられた半島状の要害であった。上城址は新しき村の百間道路入り口より、「心字池」の辺を過ぎた右側の水田地帯と推定される。下城は「鍬入れの碑」の建っている後方の山林地とされている。

石城城址 耳川の合戦のとき、石城は伊藤48城の残城としてかろうじて存在していたのである。日向に残存する伊藤氏一族ら譜代の侍衆は山陰衆や日知屋が大友氏に加担することを知り、石城主永友八兵衛尉宗弘と共に篭城した。大友軍は美々津蚊口より上陸し、石城の後詰めとして島津軍を挟み撃ちにする企てであった。だがこの企てに相違し、大友軍は進まなかった。島津氏は山裏衆や米良山中にも働きかけていた。7月6日、伊集院右衛門太夫忠棟を大将とする島津氏の大軍が石城に攻め寄せた。石城軍(伊藤氏方)の長友源次郎宗弘をはじめ、諸武人は覚悟していたことなので少しも恐れず、山田土佐守を先陣として懸命に戦った。一方島津軍は、大軍とはいえ、石城は前述したように半島状の要塞であることと、石城軍の必死の防戦にあい、容易に攻めることが出来なかった。手負いのもの五百余人、討ち死にする者多数出たため、戦い不利と見た島津軍は一度佐土原に引き上げた。石城軍の方にも、宮田叉六をはじめとして多数討ち死にした。手負いの者多数出たとはいえ、戦利の立場をとることは出来たのである。その後島津氏は、山裏衆に一層働きかけ、石城を孤立させようと図った。9月15日、島津右馬頭以久自らを総大将に、伊集院右衛門太夫忠棟を副将にして、大軍にて石城に押し寄せた。島津軍は大木を伐り浮橋を作り、軍勢を渡し、城壁をよじ登り鉄砲を撃ち続けた。石城軍は、人形を造り、これに鎧を着せ、棟に対象の島津以久の姓名を大書し、堀の上に立てて戦う一幕もあった。以久は大いに怒り、直ちに安藤備後守に命じてこれを撃たせたという。石城軍は島津軍の猛攻にも屈せず昼夜を分けず三日三晩奮戦したが、しかし多勢に無勢。しかも求めていた大友軍の援軍も来ず、兵糧も乏しくなり、已む無く降伏し、城を明け渡した。

引用:不明 (-_-;)

石城城址に造った「新しき村」

Copyright©2008 nAn All rights reserved.