Back Topへ

赤水ブリ漁と日高亀一

日向の国の沿岸に押し寄せてくる魚の中で最も多いのは、イワシとブリでした。イワシは網で取りましたが、ブリはマギリといって漁船の両側にサオをたてて、これに塩イワシ餌をつけた10ヒロくらいの糸ををつけて帆で走って釣るのでしたから、うまくいっても二匹ぐらいしか釣れなかったわけです。それで何とかこのブリの群れを網で取る方法は無いものかと考えたのが日高亀一でした。今から百数十年ばかり前の文久元年(1861)に、豊後の国(大分県)の南海部郡で、イワシ網を用いてブリを捕らえたという話を聞いた亀一は、これでブリ網製造のヒントを得て、いろいろ研究した結果、慶応2年に刺し網を発見しました。これはブリが網の目に頭を刺し込んだのを捕らえる方法でした。それでやってみましたが失敗しました。そこで今度は沖刺し網というのをつくりました。これは山の上からブリの群がり来るのを見て、二艘の舟でその群れの前と後ろから取り巻いて網の中に入れるやり方でした。これは成功して、一度に二千尾、三千尾と取れましたが、するとたちまち、他の人が真似して一匹も取れなくなりました。それで、普通に行われていた敷き網の装置を改良して、麻糸だけで大敷き網を発明し、明治20年から23年まで度々実験しました。しかしその度に数千円の金を費やして何の得るところも無く、ついに親戚・友人もそんな馬鹿なことは止めろ、と忠告するようになりました。丁度その翌年24年に長男の永三郎が水産講習所を卒業して帰ってきたので、親子で大敷き網の研究に没頭しました。実験が失敗して、潮流に網が流されたり、破損したりして、障害百出、世間の物笑いにもなり、親戚すら乗船を拒むようになりましたが、それでも屈せず研究した結果、翌25年にはじめて三千五百尾、翌日は六千尾というような漁獲高がありました。更に43年には、日高式大敷き網を完成して巨万の富を得、ブリ大臣と称されましたが、それよりもなおこの発明が水産業の古い殻を打ち破って、漁業改良の道を開いたことに大きな貢献があったといえましょう。

九州の駅路は、これを西海道(さいかいどう)といいました。この西海道は、九州における政府の出張所であった大宰府から、東廻りの東路(とうろ)と廻りの西路(さいろ)に分けられていました。この駅路は国府と国府を結んだもので、宮崎県の駅路は、西海道東路の一部だったわけです。つまりこの東路は、筑前から豊前、豊後の国府を経て、日向の国に入り、国内の駅を経由して、国府の置かれている三宅に至ったものと思われます。日向国内の駅名は、平安時代に書かれた延喜式″に現われています。それによりますと、「日向国駅馬。長井、川辺、苅田、美禰、去飛、児湯、当磨、石田……各五疋。 同伝馬。。長井、川辺、美禰、去飛、児湯、各五疋。」となっています。

日向ものしり帳(石川垣太郎著)

日高邸・・・今も残る広大な邸宅です。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.