Back Topへ

中山神社の裸祭り

延岡からの参拝の途中、鳴子川の一本松にみそぎ所があったために、藩主は馬から降りて身体を清め、そのまま歩いて参拝された。家来たちも同様に水浴びしたままの姿で裸で参拝したといわれる。以後男はフンドシ姿、女は腰巻で参拝していた。「中山さんは良い神よ。着物が無ければ裸で良い。草履がなければ裸足で良い」という歌がある。、年男や厄年の男が白鉢巻、白足袋の褌姿で石段を掛け声と共に駆け上がる勇壮な「裸祭り」は有名である。

中山神社

Copyright©2008 nAn All rights reserved.