Back Topへ

竜ヶ岩の滝

竜ヶ岩の滝の地図

竜ヶ岩の滝(たつがいわのたき):(宮崎県東臼杵郡高千穂町上野)

親父山の広葉樹林帯を頂に持つ、上野川の上流は大岩が転がり、重なり合い、怖いほどの異様な雰囲気を漂わせている。駐車場に車を止め、川沿いに造られた親父山登山道を登ってゆく。昼なお暗い秘境然とした遊歩道は、急な階段が続き、それでなくても弱い私の心臓は悲鳴をあげる。やがて轟々とした水音が近づき、チョッとオシャレな橋を対岸に渡ると、左手に、やや視界が開けるが、「音はすれども姿は見えず」滝が見えない。しかしそこに滝の案内板があるので、下の沢に行く道を下りてみた。10m程沢を上ったら川が左に急カーブし、そこに美しい滝はあった(登山道からは見えない)。

大昔、竜が住んでいたと伝えられる高さ50mの二段の滝で、夏の青葉、秋の紅葉を瀑布と水面に写す景観が見事であるらしいが、なるほど。また冬には滝が全面に凍り、さながら白い竜が天上に昇ってゆくかのように見えるという。

浅学菲才

拡大

300mの案内板。本当に〜?、と思います。

拡大

竜ヶ岩の滝の案内板

拡大

橋の手前を左に入ってゆく

拡大

このような階段が続く

拡大

岩岩岩まだまだ続きます

拡大

途中の小さい滝

拡大

この異様な雰囲気の大岩

拡大

山の中におしゃれな橋

拡大

竜ヶ岩の滝の全体

拡大

横からの流れも美しい滝壺。私が帰ったら竜が……。

拡大

一段目の滝です

拡大

滝壺から見る先ほどの橋です。

竜ヶ岩の滝周辺

拡大

竜ヶ岩の滝は、50mの高さから奔流が二段の滝となって落下し、夏は水量も多く冬には凍結した滝も見られます。 また、この遊歩道終点より上流(車道あり)約3.5km付近は親父山(標高1644M)の原生林におおわれ、更に4km奥に四季見原高原(標高1200m)があります。 ここからは、九州中央の山並みが一望できる雄大な景観を誇り、からまつ林に囲まれた国民休養地四季見原すこやかの森キャンプ場があります。

編集後記

もちろん初めての地域です。山道に入ったとき、綾〜須木間の地方道を思い出し、これはあまり遠くであれば帰ろうと、身構えていたのですが、意外と近かった感じがしました。滝までの遊歩道はきつかったですね。上りはもちろんですが、下りは今度は足ががくがくです。年齢を感じました。しかし美しい滝ですよ。行ってみる価値はあります。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.
行きかた 高千穂町から国道325号線を高森町方面へ。上野の竜泉寺の手前を「四季ヶ原キャンプ場」の案内板どおり右折して、町道を約5km登ると「りゅうせん橋」があり、その手前に看板と右側に広い駐車場がある。道は走りやすい。
周辺見所

botan 下野八幡宮

botan 旧鶏足寺跡

botan 伊藤義祐滞在の地

関連サイト

botan 自然歩道とは

九州の旧道史跡を網羅した古道の跡です……。

記念碑 九州自然歩道標柱

近くの柱にカタツムリが這っていました。

親父山への道

親父山へはまだまだこれからなのです。もちろんパスしました。何か変なものが……。