Back Topへ

去川の大イチョウ

去川の大イチョウの地図

去川の大イチョウ:(宮崎市高岡町去川)

このイチョウは雌株で、島津藩主初代忠久(1179〜1227)が薩摩街道であった現在の地に植えたものと伝えられています。このことから推定すると樹齢は800年と考えられます。幹の周り(胸高)約10m、高さ約41m、枝張りは東に約6m、西に約7m、南に約9m、北に約15mあり、平成5年(1993)9月3日の台風13号により、大枝の大部分が折れるなどの災害を受けましたが、平成6年3月に樹木蘇生治療を行いました。秋になると多くの実をつけています。昭和10年(1935)国の天然記念物に指定されました。

引用:宮崎の街道(宮崎県教職員互助会)

拡大

国道10号線

拡大

坂を上った地点、左は薩摩街道

拡大

一番上にある駐車場

拡大

薩摩街道と大イチョウ

拡大

大イチョウ

拡大

何の石碑だろう。根部分保護のため立入禁止

拡大

大イチョウ

拡大

去川の大イチョウ石碑

記念碑 去川銀杏公園見取図

この大銀杏は旧薩摩街道に面している。横を登ってゆけば薩摩へと続いている。。樹齢800年、過去幾多の人々の営みを見続けてきたのであろう。

編集後記

何と大きいのでしょう。樹齢800年、短命な私達人間にとってうらやましい話です。付近はきれいにミニ公園化され駐車場も完備されています。下草もきれいに刈られていますね。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.
行きかた 国道10号線の去川に、道路上に大きな道路標識があります。左「去川の大イチョウ」。左折して坂道を700m程上がると、突き当たりにあります。

周辺見所

botan 二見家屋敷

botan 去川の関所跡

botan 二見家墓地

パノラマ写真

お願い!。このパノラマは本当は縦型ですが、横型パノラマになっています。首を90度右に曲げてご覧ください。(縦型は未だ勉強中です。60歳の頭で今からJavaScriptの勉強は無理ですよね)

立ち入り禁止

最近大樹はこのようにして、根を保護されているのです。