Back Topへ

津々良のお滝さん

津々良のお滝さん地図 ココ

津々良のお滝さん:(門川町大字川内津々良)

点在していた民家も無くなり、やがて山間の谷間にグネグネと一本のオフロード。ビックリするような大きな青大将が道を横切っていた。横に座る女房が「川に水を飲みに行っているのね」と言う。「お前は良く動物の気持ちが解るな」と冷やかしながら、ガタガタ道につい嫌気がさした頃、また舗装路に出る。そして目前におにぎりみたいな大きな岩が立ちふさがる。道は左にカーブして更に上流に伸びているわけだが、その岩の前の狭い空き地に、「お滝さん」の案内標識があった。そこに車を停め、そこから急傾斜の滝への道。距離は短いが、木の根っこに掴まらなければ降りれない獣道だ。一箇所誰方かがロープをかけて下さっており、助かった。5分ぐらいで下の滝に着く。途中一人の男性に出会う。「数日前テレビに出てたから来たとのこと、落差は短いが、自然石の配置が良い、規模が小さいので、清涼感は余り感じられない」との御意見であった。なるほどと思った。滝の全景が見える対岸へ行こうにも、浅いのだが、靴を履いたままでは大変だ。グラグラしたり、滑ったり。それでも何とか渡りきった。「行きはよいよい、帰りは恐い。体力の衰えた今、どうやってこの崖道を帰ればいいのだ」。しかし、ここは夏、水遊びには最高だろうなあ。お年寄り、子供さんには無理かな。

拡大

狭い駐車スペース

拡大

登ってきた道

拡大

ここを入る

拡大

道路反対側崖下の水神様

拡大

このような獣道

拡大

ロープを伝って降りる

拡大

お滝さんのある河原

拡大

お滝

拡大 滝の全景です。高さは30m。岩質は砂岩でしょうか。水流に荒々しく侵食されています。

左の写真はクリックすれば大きくなります。

カメラパノラマ写真ですが、露出の失敗作です。

編集後記

心配した帰りの崖道は、周囲の木々を手に持って登るために、意外に楽でした。しかし、上で待っていた女房は男性に言われたそうです「行かなくて正解」。

Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.
行きかた 国道10号から国号388号を、五十鈴川沿いに美郷町北郷区へ向かい、車で西へ約15分、津々良橋の手前を右折、津々良川沿いに北へ4.5km、途中一部はオフロードで舗装されていませんが、普通の乗用車でも大丈夫です。到着するまで何の案内板もありませんが、行けるように行けば到着します。アレッ?まあ解るか……。
周辺見所

botan 小松寺跡とキンモクセイ