Back Topへ
logo

三椪小学校と栴檀の巨樹

logo
三椪小学校地図

三椪(みはえ)小学校: 明治21年4月10日板ヶ平門字屋形原杉原に校地百坪五合、校舎十六坪二号五勺(しゃく)の三椪小学校が誕生した。板ヶ平門、藤ノ木門、二股門の三つの大字の児童が就学したので、三椪の名前がおきたという。創立二年後には四年生の義務教育となる。創立以来十年あまりは先生1人に児童30人規模で出席率が高く、学力が一定限度以上の者が卒業できた。第一回卒業生は明治29年度4人である。その後児童が増加したため、明治38年岩屋ヶ平に分教場が出来た。狭くなった本校の移転認可が同39年6月にあり、同年12月には屋形原杉谷(現在地)に校地520坪、校舎76坪の新校舎が落成した。今大樹となっている栴檀(センダン)は、その時の記念樹である。明治41年4月から修業年限が二年延長され、6年となる。約6ヶ年続いた岩屋ヶ平分教場は、4月から岩屋ヶ平尋常小学校として独立した。大正時代に入ると児童数も120名を越え、特に大正6年には153名を数えた。昭和初期運動場拡張や校舎増築も進む。昭和12年3月待望の高等科が併設された。16年4月に学校令により国民学校と改称する。太平洋戦争中運動場を芋畑にした。戦後の義務教育の6・3制の実施で再び小学校と改称し、高等科は中学校となる。・・・三椪(みはえ)小学校の沿革碑より
 

拡大
小学校と栴檀の巨樹
拡大
小学校入り口門柱
拡大
学校前の干支
拡大
学校前の通り
拡大
学校入り口の坂道
拡大
巨樹百選案内
拡大
学校校歌
拡大
いかにもユニークな発想(エ)
宮崎の巨樹百選
樹木名:センダン
樹齢:90年
幹周:570cm
樹高:23m
平成4年3月認定
Copyright©2005> lifeplan All rights reserved.