Back Topへ

向山のカツラ

向山のカツラの地図

向山のカツラ:(宮崎県西臼杵郡高千穂町向山)

これは一本とは言い難い雰囲気である。親あり、子供あり、多分孫もあるのだろう。それらが一つの家族みたいに、助け合いまとまっている。山斜面に足を踏ん張るように、大きな根が張り付いている。枝は大きく手を広げて天を覆い、老いたりとはいえ矍鑠(かくしゃく)たるものがある。カツラは古来より、楠やカヤなどの霊木と並び称されてきた。万葉集などにも登場する。どうやら月には大きなカツラの木があり、それが光っているのだと思われていたらしい。またこの木は葉が開く前に花が咲くそうで、雌雄異株、雄の木と雌の木がある。葉は丸いハート型で秋の紅葉は美しく、甘い芳香がただよう。

樹種:カツラ科カツラ 所在:高千穂町向山 幹周:13.3m 樹高:32m 樹齢:500年 雌雄異株:雄株 指定:県100選,町保護

浅学菲才

拡大

編集後記

「旅は道連れ、世はなさけ」今は少なくなりましたね。昔は旅の途中、すぐ友達になったものですが、今は一部の不貞なやからののおかげで、取材していても不審者と思われます。非常に残念!!!。 諸塚山入り口に着いて一休みしていると、天草から来られたという御夫婦と知り合いになり、一緒に諸塚山に登らないかとお誘いを受けました。大変うれしかったのですが、これから延岡まで帰らなくてはなりませんので、後ろ髪を引かれる思いでお別れしました。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.
行きかた 今回は飯干峠の取材でしたので、そこから六峰街道に入り、そこを過ぎてしばらくして、高千穂方面への降り口がありますので、そこを左折して降りてきました。景色の美しいルートです。秋元川の三叉路に出る少し手前に、これは偶然ですが「向山のカツラ」を見つけました。ラッキー!。しかしあせって写真もあまり撮っていません。不思議です。

周辺見所

  歴史の街「高千穂」

  高千穂峡

  秋元川の巨石群

  西郷隆盛退軍の道

  秋元神社

関連サイト

botan カツラのパノラマ写真

たいしたことはありませんが一応……。しばらく首を横に向けてください。

記念碑 案内板