Back Topへ

国見ケ丘

国見ケ丘の地図

国見ケ丘:(宮崎県西臼杵郡高千穂町大字押方)

高千穂町三田井の西方、高千穂盆地に舌状に伸びる台地が国見ヶ丘である。その先端からは、阿蘇五岳、祖母傾山連山、椎葉の山々などが遠望できる。眼下には高千穂の町並み、蛇状に伸びる渓谷には、趣を異にした美しい幾多の橋。わずか標高513mの小丘であるが、、四周を展望でき、その景観はすばらしいものがある。

丘の先端に行く途中の国見ヶ丘の小高いところに、三神の像が建立された。日向の地名にちなんだのであろうか、三体とも東の太陽が昇る方を向いている。その巨大なこと。新しい国見ヶ丘の名物になるに違いない。

国見ケ丘という地名の由来は、神武天皇の孫である建磐竜命(タテイワタツノミコト)が九州統治のため西下の途中、祖宗の神霊を祀るため、この地に立ち寄って、この丘に立って毎日国見をしたところからこの名がついたといわれる。

浅学菲才

拡大

駐車場前の案内標識。

拡大

駐車場から丘の先端方面を臨む

拡大

一軒だけの茶屋

拡大

丘の標柱、車は進入できません。

拡大

渓谷と大橋

拡大

石で出来た標柱

拡大

案内標識

拡大

阿蘇……と刻字?。

拡大

歌碑

拡大

祖母傾国定公園

拡大

眺望

拡大

眺望

拡大

松の大木

拡大

刈干切唄と三神

拡大

巨大な三神

拡大

刈干切唄発祥の地

拡大

金比羅山

拡大

金比羅山後ろの祠

拡大

三神の眺める方向

拡大

先端への遊歩道

拡大

紅葉

拡大

紅葉

拡大

紅葉

拡大

これは桜です。この時期に咲くかな?。

unakai

国見ヶ岳の名物「雲海」

「雲海」の現れる条件

  • 季節は晩秋、9月末〜11月始め
  • 2、3日前に雨が降るなど湿気があること
  • 天気は快晴であること。
  • 冷え込んだ朝

高千穂町ライブカメラ
・・・高千穂町のHPです。ライブカメラがあります。

編集後記

この国見ヶ丘を訪ねたのは10年ぶりでしょうか。当時宮崎に来たばかりで、何もわからずただ何となく通り過ぎたような気がします。ただ山頂に駐車場があるだけという印象しかなかったのですが、いや驚きましたね。展望は天下一品、新しく出来た歴史施設も魅力いっぱいでした。また秋の紅葉が美しいですね。ここは雲海が有名ですが、私はまだ見たことがありません。今度行って撮影に成功したらご紹介しましょう。

Copyright©2008 nAn All rights reserved.
行きかた 高千穂町から五ヶ瀬町に向かい(私は街中の旧道を走った方がわかりやすい)、国見ヶ丘の案内板が出ていますので、そこを右折して坂道を登っていきます。約10分で国見ヶ丘の駐車場が左手にあります。山頂の神社の案内が目立ちますので、通り過ぎないように。道路向かいにの茶屋の方が国見ヶ丘です。
周辺見所

botan 高千穂峡

botan 高千穂の史跡

botan 下野八幡宮

関連サイト

botan 仲畑神社

同じ国見ヶ丘の段丘の、最高頂に鎮座する神社。太鼓番の墓など。

botan 刈干し唄

ひえつき節と共に高千穂地方につたわる労働唄です。

歌碑の内容

はるかなる神代は  ここに創まりぬ 高千穂村の    山青くして    ……