Back Topへ

川南湿原植物群落

川南湿原の地図

川南湿原:(宮崎県児湯郡川南町川南)

川南湿原植物群落:1974年(昭和49)国の天然記念物に指定。 川南湿原植物群落は、国道10号線沿いにある国立療養所宮崎病院の北に広がる約2.2kmの湿地にあります。元は水田だったところですが、地下から湧き出てくる水が溜まって湿原になっています。この湿原には、およそ83科263種もの植物が生育しています。このうち、約90種は湿地植物です。世界でここにしか報告のないヒョウガホシクサをはじめ、九州内でもこの湿原付近だけにしか見られないサクラバハンノキ、ヘビノボラズ、イトバヌマゼリ、ミズキボウシ、ミズギク等が生育しています。昆虫やそのほかの小さな虫を食べる食虫植物としては、モウセンゴケ、コモウセンゴケ、ナガバノイシモチソウ、ミミカキグサ、シロバナミミカキグサ、ムラサキミミカキグサ、ホザキノミミカキグサ、ミカワタヌキモの8種類があります。 北海道、朝鮮、中国東北部、ウスリなどの寒冷地にみられる植物は30種を数えることができます。なかでもヌマガヤはこの湿原の70%を占めています。このような川南湿原は平地にある湿原として、また貴重な植物の宝庫として貴重なものです。

宮崎県の文化財(宮崎県教育委員会)

拡大

川南湿原看板(網の向こうから外を向いている)

拡大

なんかね〜。管理歩道はあるみたい。

拡大

拡大

ここから行けそうだが。駄目でした。

ヒュウガホシクサは茎が無く、多数の葉が四方に広がっている。夏には10cmほどの花茎の先に白っぽい小さな花をつける。

編集後記

この湿原、中には池や数多くの湿地植物があり、通路も整備されているのだが、ここには入り口が無い(私が見落としていたら陳謝)。周囲を三回ほど廻って、近所のご主人にも聞いたし、子供らにも聞いたが解らない。駐車場も看板も無い。網越しに湿地植物の案内板だけが、来れたらおいで……!駄洒落も言えないや。まったく貴重な一時間を浪費してしまった。腹たつなあ〜。掲載を止めようと思いましたが、こうなれば意地です。

Copyright©2008 lifeplan All rights reserved.
行きかた 宮崎病院の隣ですが、ここには行かないこと。
周辺見所

botan トロントロン

botan 旧陸軍給水塔

関連サイト

botan 高鍋湿原

この湿原は良く管理されています。ここはお勧めです。