Back Topへ
logo

石造り倉庫(1)

logo
石造り倉庫

石の倉庫:
昭和初期の恐慌の頃から、農山漁村の疲弊が進み、その救済のために様々な」対策が取られますが、産業組合の「農業倉庫」業務もその一つです。そこには農業生産物を保管し、荷造り、運送、販売の仲介や貸付を行っています。倉庫は昭和10年ごろになると、それまでの土蔵から石造りに変わり、県内では40棟以上が建設されました。当時これらの倉庫では、55万俵を蓄えることが出来たといいます。その後戦時体制の進む中、生産地域の倉庫だけでは不足することになり、主要集散地の宮崎市(宮崎駅前)など三箇所に「連合農業倉庫」が建設されました。(宮崎駅前は近年取り壊されました)今日数は少なくなったものの石造りの堅固な倉庫が各地に残り、利用されていますが、戦時中の歴史を伝える遺跡として貴重なものです。

拡大
拡大
拡大
延岡市北方町貝の畑
@個人の倉庫
詳細地図
拡大
拡大
拡大
延岡市松山町
@集積倉庫
詳細地図
老人の話昔の農産物の集積倉庫。昔はここまでの高千穂線をよく利用した。
拡大
拡大
拡大
宮崎県東臼杵郡美郷町宇納間
@集積倉庫
詳細地図
宇納間地蔵の入り口です。
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.
居酒屋なんじゃろか