Back Topへ

五ケ瀬川分流公園

五ケ瀬川分流公園

五ヶ瀬を水源とし延々と流れてきた五ケ瀬川は、西階公園で大瀬川と五ケ瀬川に分流します。その三角州の突端に今は五ケ瀬川分流公園が設けられ、市民の憩いの場となっています。写真でご覧の通り美しい公園です。やがては下流の須崎町のJR鉄橋の下流で合流するのですが、五ケ瀬川の水量が大瀬川に比べ極端に少なく、そんため五ケ瀬川を外堀として利用してきた松尾城、縣城は城の堀の水量を確保するのが大変でした。そのために大瀬川に井堰を築き、水が五ケ瀬川に多く流れるよう手配していたそうです。百間堰といっていたようですが、どのあたりにあったのか今はその片鱗もありません。そのような歴史ロマンにひたりながら、うとうととしたくなるような静かな公園です。


 
phot
案内板
phot
公園
phot
分流点と延岡道路の橋
phot
大瀬川
phot
チョロチョロと五ケ瀬川
phot
公園
phot
大瀬川、工事用道路
phot
うぐいす団地横の駐車場
水害防止のためにはやむを得ないが、大瀬川の護岸工事も進み、人工の川そのものだ。今もトラックが走り回り日々その様相を変化させつつある。
Copyright©2005 lifeplan All rights reserved.